So-net無料ブログ作成
モータカー ブログトップ

スーパーカー ドバイ  モーターショー [モータカー]

ドバイ スーパーカー モーターショー 最高出力は5000hp、0-100kmは1.8秒!?  "ドバイ発"の超ド級スーパーカー ◇加速自慢の車たち ・ たった2.3秒で0-100km/h 加速、世界最速マシンはどれ? - MSN自動車 ・ 0〜100km/h加速トップ10! 世界1は以外な車。 日本車も5位にランキング! ◇2013年11月5日~9日に開催されたドバイ国際モーターショー プロダクションカーの0-62mph(0-100km/h)加速ランキング25 このほど、1244hpという凄まじいパワーを持つヘネシー・パフォーマンスのヴェノムGTが、 0-186mph(0-300km/h)加速で13.63秒という世界記録を打ち立てた。 このニュースを受けてMSN編集部では、 プロダクションカーの中からとりわけ加速性能の優れたクルマ25台を選ぶことにした。 0-62mph(0-100km/h)加速のタイムとともに、 世界最速マシンをランキング形式で届けてくれた。     ↓

共通テーマ:自動車

スズキターボバイク  ターボバイク動画  バイク ターボ 自作 ターボバイク 製作 [モータカー]

スズキターボバイク  ターボバイク動画 スズキが提唱する新時代ターボバイク「Recursion(リカージョン)」発表! 「第43回東京モーターショー2013」においてスズキは、 ビッグバイクの走りとミドルバイクの扱いやすさ、 経済性を両立させた新しいスポーツバイクを提案する。 注目すべきはそれが「ターボ車」であることだ!(佐川健太郎) バイクでターボ車が少ない(ほとんどない)のはなぜですか? ↓ いよいよ来週に迫った「第43回東京モーターショー2013」(一般公開:11月23日~12月1日)。 話題のモデルが各メーカーから出品されるが、 中でも注目したいのはスズキが参考出品する「Recursion(リカージョン)」だ。 「Recursion(リカージョン)」は「ビッグバイクの走りとミドルバイクの扱いやすさ、 経済性を両立させた」モデルとしてスズキが提案する新しいスポーツバイクだが、 注目すべきは「ターボ車」であること。 全長2100mm、ホイールベース1450mmというコンパクトな車体に搭載されるエンジンは、 ロングストロークの588cc水冷直列2気筒にインタークーラーターボを組み合わせたもので、 スペック的には最高出力100ps/8000rpm、 最大トルク10.2kgm/4500rpmを発生する。 排気量のダウンサイジングにより、従来のエンジンと比べて燃費性能を50%ほど高めたという。 また、トラクションコントロールやブレーキアシスト機能を搭載するなど、 安全性にも配慮。メインフレームは軽量なアルミ製で、 片持ちスイングアームやカーボンモノコックリアフレームの採用などにより、 車重も174kgと軽量だ。 ちなみに「Recursion」とは、回帰、再帰という意味で、スズキによれば、 モーターサイクルの楽しみ方が多様化する中で「走る楽しさ」という基本に重点を置いたモデルとのこと。 スペック的には同クラスの排気量モデルに対して、およそ3割増し程度の動力性能を得ていると言える。 コンパクトな車体に低中速に厚いトルクフルなエンジン、 そしてターボの組み合わせにより、 街中ではキビキビとワインディングでは伸びやかな加速感でライダーを楽しませてくれるはずだ。 4輪の世界ではすでに一般的なターボだが、 その仕組みを簡単におさらいしておこう。 ターボとは、排気ガスを利用してタービンを高速回転させることで、 コンプレッサー(圧縮機)で空気を圧縮してエンジン内に送り込む装置のこと。 これにより、本来の排気量を超えるパワーを得られたり、 排気ガスのエネルギーを再利用することで結果的に燃費向上が図られ、 クリーン排気にも貢献するなどのメリットがある。 かように優れた特性を持つシステムだが、なぜ2輪に採用されなかったのか……。 実はかつて80年代にも国産メーカーを中心に盛んにターボ車が作られた時期があった。 ホンダ「CX500&650ターボ」、 ヤマハ「XJ650ターボ」、 スズキ「NX85」、 カワサキ「GPZ750ターボ」などが思い起こされるが、 当時のキャブレターではターボの制御が難しく、 軽量で不安定な2輪車との相性がいまひとつということもあり、 その後に続かなかった。アクセル操作から実際にターボが作動するまでの時間的なズレ、 いわゆる“ターボラグ”というものがあるが、特に2輪の場合、 繊細なスロットル操作が求められるコーナリングでのラグは好ましくない。 実際のところ、昔は“ターボ=ドッカンパワー”のようなイメージが付きまとっていたのも事実である。 ただ、現在はFI(フューエルインジェクション)化とともに電子制御技術も格段に進んだこともあり、 より緻密な出力特性のコントロールが可能になっているという。 ターボ化による排気量のダウンサイジングにより、 パワーを落とさずに燃費を稼ぐ手法は、すでに4輪の世界では常識となりつつある。 環境への対応を考える上でもターボは期待できる。 まずは東京モーターショーで「Recursion(リカージョン)」の実車をチェックしたい! 東京モーターショー見に行くだよ 放浪記 ノリタン。

共通テーマ:自動車

スバル レガシィツーリングワゴン スバルレヴォーク  レヴォーグ スバル画像  レヴォーグ 価格 [モータカー]

レヴォーグ スバル画像 レヴォーグ 価格 スバル レガシィツーリングワゴンに関するみんなの質問 スバルレヴォーグについて スバルのコマーシャルを見て、 新型レヴォーグなる車が 1... 新型レヴォーグなる車が 11月 20日に発表されるらしいですが。 動画を探して来ました。 ↓ 片瀬那奈さんがテストコースで思う存分に、 スバルの直噴ターボエンジン"DIT"を体感! ドライブ好きの彼女ならではのインプレッションに ... 東京ビッグサイトにて11月20日から開催される「第43回東京 モーターショー2013」の出展概 ... ここで発表ですか! 「25年目のフルモデルチャンジ」との内容でした。 スバル 東京モーターショーで噂の新型車レヴォーグ公開 ... - シークドライブ 2013年11月23日から12月1日まで東京ビッグサイト開催される 『東京 モーターショー2013』で 以前からレガシィ・インプレッサワゴンの後継車として噂になっ ていた、 新型スポーツツアラーレヴォーグ「LEVORG」を世界初公開すると ... 富士重工業も、14年に発売する新型ワゴン車「レヴォーグ」を出展すると発表した。 現行の「レガシィツーリングワゴン」が、 北米市場での販売を重視して車体サイズが大きくなったため、 新型車は国内向けとしてやや小さくした。 先行車のブレーキランプを認識して自動ブレーキをかけることができる 新開発の衝突回避支援システムも採用する。  どうも、今回の発表は、 消費者の 待ちきれないの 声に押し切られた感じですん。 納期遅れになって購入予定のお客様にと陳謝か? 製造業としては、メチャンコ羨ましいところです。 モータカー 大好き放浪記 ノリタン

共通テーマ:自動車
モータカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。