So-net無料ブログ作成
検索選択
レヴォーグ ブログトップ

レヴォーグ スバル 画像  スバル 新型ワゴン レヴォーグ  レヴォーグ 価格 [レヴォーグ]

スバルの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる スバルのカタログを見る(クチコミ・評価、価格、スペック情報など) スバルの中古車情報を見る スバル、新型WRXの走行映像を公開  富士重工業の北米法人は 2014年に発売を予定している新型スバルWRX(2015年モデル)の映像を公開した。 新型WRXは、スバルの最新デザインを取り入れた4ドアセダンボディに、 スバル独自の水平対向4気筒直噴ターボエンジンや シンメトリカルAWDシステムを搭載した高性能モデルだ。 北米仕様では最高出力268hpを発生する。 トランスミッションは6速マニュアルまたはスポーツリニアトロニックCVTが 組み合わされる予定となっている。 スバル新型レヴォーグの詳細情報《最新》 新型レヴォーグスバル、ニューモデル「レヴォーグ」、2014年春デビュー!! 新型レヴォーグ レヴォーグ 発売は2014年春。1月4日より先行予約受付を開始する予定のニューモデル「レヴォーグ」。 4タイプをラインナップする予定だ。 スバルでは「AWD」と言われる4WD、エンジンは「ターボのみ」の展開。 そしてハイブリッドなしでJC08モード燃費は17.4km/Lと低燃費を実現。 トランスミッションは、燃費はいいが、加速に違和感が有りがちなCVTだが 「リニアトロニック」と呼ばれるスバル独自のCVTによって走り心地の違和感が軽減している。 「実際の走行において、1回の給油で1000kmの距離を走行できる」うえに、 比較的安価なレギュラーガソリン対応と経済的。 エコカー減税は1.6Lで100%免税、2.0Lも50%減税の見込み。 また「SI-DRIVE」で高速走行などに適している「Sモード」と燃費を優先させる「Iモード」、 2つの走行モードが選択でき、2リッターターボ車には加えて動力性能をフルに引き出す 「S♯モード」も選択できるようになる。 最新バージョンの運転支援システム「アイサイト(Ver.3)」が全車に標準装備され、 衝突回避または被害の軽減可能な相対速度が、 最高約50km/hにUPし、またカメラの視野角の視認距離が約40%拡大、 より快適で安全なアイサイトに生まれ変わっている。 ↓グレード、価格、燃費の詳細は下部に記載。 【スバル レヴォーグ★実質44万円★値引きの裏技!】 値引きの裏技、放浪記 ノリタン

共通テーマ:自動車
レヴォーグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。